使いかた

HOME画面を見る

左上のロゴをクリックすることで、HOME画面を表示します。HOME画面では、現在のアラート発生の概要、およびランキングを表示します。 ランキングでは2時間前までのPING,URL監視のレスポンスタイムの推移、3日前までのPING,URL監視の障害発生状況の推移が表示されます。表の右にあるグラフをクリックする事で大きなグラフを見ることが可能です。

管理画面のメニュー

・現在のアラート状況
現在のアラート状況を見る事ができます。また、停止中の監視があるかの 確認もおこなえます。
・監視レポート
クリックする事で別画面の監視結果レポートが表示されます。 ※さらに詳しく期間の指定をおこなう事も可能です。 その場合は「レポート>サーバレポート」メニューから 期間指定やレポート名の変更等がおこなえます。
・監視設定一覧
監視設定の一覧が表示されます。ここから各種監視設定を 変更する事が可能です。
・統計情報
統計情報を見る事ができます。
・障害履歴
障害履歴を見る事ができます。障害履歴にはコメントをつけることも可能ですので、 メモとしてお使いください。
・xx監視の設定を変更する
監視の設定変更画面が表示されます。 監視間隔の変更、検知方法の変更、メールの変更等、様々な変更が可能です。

※上部のメニューから他の様々なメニュー項目が表示されますが、 製品版でのメニューとなりますので、無料版ではご利用頂けません。
概要等を見る事ができますので、製品版購入時の参考にしてください。
※弊社既存製品「パトロールクラリス」では、この他にも様々な監視や機能がございます。

検知メールを見る

障害を検知した場合は画像のようなメールが送信されます。本文や件名、送り先など自由に変更が可能です。また本文内のURLをクリックすると、スマートフォンに最適化されたレポートが表示されます。図の例はURL監視で指定したキーワードが画面にページに表示されていなかった事を検知したものになります。

検知メールからのレポートを見る

検知メールのURLをクリックすると閲覧できるレポートになります。スマートホン向けに見やすく調整されたレポートを表示します。

監視間隔を変更する

各監視単位での監視間隔の変更や監視内容のメモ等を設定できます。 ※停止にチェックを入れる事により、監視を一時的に停止状態にすることが可能です。

検知内容を変更する

図の[修正]をクリックし、検知内容の変更をおこなえます。 ※初期登録時にはおこなえなかった細かな設定がここからおこなえます。

メール送信先、送信内容を変更する

図の[修正]をクリックし、メール送信等の変更をおこなえます。
メール本文には、様々な置き換え文字という文字を使う事ができます。
NAME_ サーバ名称に変換されます。
_IP_ サーバのIPに変換されます。
_ALTMOD_ 監視名称に変換されます。
_ERRCMT_ エラーメッセージに変換されます。
_YMD_ 検知日時に変換されます。
※置き換え文字は上記以外にも様々あります。詳細は画面左上の「HELP」を参照ください。
※エラー無視、アクション実行回数について
エラー無視 アラートを検知した場合に無視する回数を指定可能です。
アクション実行回数 メールを送信する回数を指定可能です。
※ワーニングメール、復旧メールに関しても、ほぼ上記と同様です。

監視レポートを見る

管理画面メニューの「監視レポート」をクリックする事で図のようなレポートが表示されます。またレポートはPDFなどでの出力も可能です。

障害履歴を見る

障害履歴では、コメントを残す事が可能です。 [コメント記入]をクリックすると、コメント記入FORM が別画面で表示されます。

統計情報を見る

統計情報では、指定された期間での障害の発生割合、 および総監視回数等の統計情報を見る事が可能です。